水風呂(医学的効能)

身体を温めた後、水風呂で冷やすと身体に

強い刺激が加わり、健康に良い効果が得られます。

ただし、刺激が強い為高血圧の人は要注意です。

 

自律神経が活発になる

特に悪い所もないのに、身体がだるく活力がわかない

という人は、自律神経が乱れている可能性があります。

高温のサウナ室の後の水風呂に入り、自律神経が

刺激して働きを活発にすると、身体にバランスが調整

されて活力がわきます。

 

皮膚が引き締まる

水風呂に入ると、冷たさに反応して血管や毛穴が

収縮します。体の中の熱は、血液によって運ばれ、

毛穴や皮膚から発散されるが、血管や毛穴が収縮

しているときは、熱が発散しにくい。

体温が保たれるため、水風呂に入ると湯冷めが

防げます。

 

血圧が上昇・下降する

サウナ室では血管が拡張し、血圧は低い状態に

なっているが、水風呂に入ると血管は急激に縮小し、

血圧が上がる。

これを繰り返すうちに心臓と血管のポンプ機能が

鍛えられるため、血圧が正常値に近づき、低血圧

改善に繋がります。